【自宅でできるフィットネス パパフィット編】育児筋力をアップ! 背中と胸の柔軟性を高めるエクササイズ

【自宅でできるフィットネス パパフィット編】育児筋力をアップ! 背中と胸の柔軟性を高めるエクササイズ

男性は女性に比べ胸、肩、腕の筋力が強いと言われています。これだけ聞くと、パパは赤ちゃんを抱っこするのは得意!だと思いますよね。筋力だけで言ったらそうかもしれませんが、育児の動作は前かがみで無理な姿勢の連続です。そのため、ママと同じように肩こりや上半身の疲労感を感じるパパも多くなります。そこで、おすすめしたいのが育児で凝りが起こりやすい肩甲骨周囲を動かして、背中と胸の柔軟性を高めるエクササイズです。

【自宅でできるフィットネス 妊婦ママ編】「良い姿勢」がポイント! 妊娠中の腰痛対策

【自宅でできるフィットネス 妊婦ママ編】「良い姿勢」がポイント! 妊娠中の腰痛対策

赤ちゃんの成長でお腹の重みがかかる腰周り、腰痛は妊娠中のマイナートラブルの中でも訴えの多いものです。赤ちゃんの重みがかかることやホルモンの影響が原因ですから、完全に防ぐことは難しいですが、一つ心がけてほしいのは「良い姿勢」です。

新着記事一覧 最近ニュースや、気になる情報を配信中!

【産前産後のオンナを上げる くびれ骨盤フィットネス】ヒップを美しく引き締める美尻ストレッチ

【産前産後のオンナを上げる くびれ骨盤フィットネス】ヒップを美しく引き締める美尻ストレッチ

ヒップを美しく引き締めるエクササイズ。ヒップの後ろだけでなく、横の筋肉も鍛えることで骨盤が安定し、ヒップラインもきれいにしてくれます。
【産前産後のオンナを上げる くびれ骨盤フィットネス】美しい腰のラインをつくる美腰ストレッチ

【産前産後のオンナを上げる くびれ骨盤フィットネス】美しい腰のラインをつくる美腰ストレッチ

妊婦の美しい腰のラインをつくるストレッチ。ねじったり伸ばしたりする動きは、妊婦には難しいと思われがちですが、ゆっくり行うことで、安全で、じんわり確実に体に効いていきます。
【産前産後のオンナを上げる くびれ骨盤フィットネス】くびれ効果を高めるウォーミングアップ

【産前産後のオンナを上げる くびれ骨盤フィットネス】くびれ効果を高めるウォーミングアップ

骨盤フィットネスには激しい動きはありませんが、股関節や骨盤まわりを動かすので、あらかじめウォーミングアップしておくと後の動きがスムーズです。日常生活の中でも行えば、いつの間にかしなやかな体に。
【産前産後のオンナを上げるくびれ骨盤フィットネス】妊娠中から効果が出るボディーキープメソッド

【産前産後のオンナを上げるくびれ骨盤フィットネス】妊娠中から効果が出るボディーキープメソッド

妊娠中から体を動かす習慣がある妊婦さんは美しいもの。 その効果は、妊娠期にきれいなボディーラインをキープするだけでなく、お産のときに必要な力をつくり出し、産後の体形も戻りやすくなるメリットも。
【自宅でできるフィットネス パパフィット編】育児筋力をアップ! 背中と胸の柔軟性を高めるエクササイズ

【自宅でできるフィットネス パパフィット編】育児筋力をアップ! 背中と胸の柔軟性を高めるエクササイズ

男性は女性に比べ胸、肩、腕の筋力が強いと言われています。これだけ聞くと、パパは赤ちゃんを抱っこするのは得意!だと思いますよね。筋力だけで言ったらそうかもしれませんが、育児の動作は前かがみで無理な姿勢の連続です。そのため、ママと同じように肩こりや上半身の疲労感を感じるパパも多くなります。そこで、おすすめしたいのが育児で凝りが起こりやすい肩甲骨周囲を動かして、背中と胸の柔軟性を高めるエクササイズです。
【自宅でできるフィットネス パパフィット編】妊娠中は足がつりやすい!? パパがサポートするペアストレッチ

【自宅でできるフィットネス パパフィット編】妊娠中は足がつりやすい!? パパがサポートするペアストレッチ

妊娠中は足のつりで悩むママが多いのご存知ですか? 明け方など、足がつって目が覚めるというママの経験談をよく耳にします。そんな時、出てくる言葉が「パパに助けてもらおうと声を掛けても、すやすや寝ているパパを見ると、頭にきちゃう」だそうですよ。
【自宅でできるフィットネス 産後ママ編】骨盤底筋群の機能を回復して尿もれ防止

【自宅でできるフィットネス 産後ママ編】骨盤底筋群の機能を回復して尿もれ防止

尿もれは年配の方のトラブル、と思っている人いませんか。笑った時やくしゃみをした時、赤ちゃんを抱っこしてお腹に力が入った時など、「あれ?もしかして…漏れた?」と思う瞬間は、産後のママたちを不安にさせます。自分だけ、と悩まないでくださいね。
【自宅でできるフィットネス 妊婦ママ編】「良い姿勢」がポイント! 妊娠中の腰痛対策

【自宅でできるフィットネス 妊婦ママ編】「良い姿勢」がポイント! 妊娠中の腰痛対策

赤ちゃんの成長でお腹の重みがかかる腰周り、腰痛は妊娠中のマイナートラブルの中でも訴えの多いものです。赤ちゃんの重みがかかることやホルモンの影響が原因ですから、完全に防ぐことは難しいですが、一つ心がけてほしいのは「良い姿勢」です。
ダンスが好きなのにできない? マタニティビクスを通して知った文化の違い

ダンスが好きなのにできない? マタニティビクスを通して知った文化の違い

エルサルバドル共和国という国を知っていますか。中米にある日本の四国くらいの小さな国で、開発途上国のひとつです。私は青年海外協力隊の助産師として、エルサルバドルで2年間活動してきました。今回は活動のひとつであるマタニティビクス(以下、MB)の普及について紹介したいと思います。
こんなに違う! シンガポールの乳幼児育児現場について

こんなに違う! シンガポールの乳幼児育児現場について

出産や育児は、世界中で仕組みが整えられているものですが、その内容が必ずしも同一とは限りません。母子手帳の存在や新生児訪問といった、日本では当たり前のこともない可能性があります。私が助産師として携わるシンガポールでの育児環境や制度について紹介します。
ベビーの夏のお出かけに。蚊除け・UV対策・かゆみ止めの3役が1本で叶うマストハブ!

ベビーの夏のお出かけに。蚊除け・UV対策・かゆみ止めの3役が1本で叶うマストハブ!

夏場のベビーとのお出かけは、新米ママにとってなかなか骨の折れる仕事です。水分補給・熱中症対策に気を配ることはもちろんですが、デング熱やジカ熱の原因になる蚊の対策や、日焼け止めなどの肌ケアも、お出かけ前に入念にチェックしたいところです。そこで今回は、夏のお出かけ前に必要な肌ケアを1回で済ませることができる、新米ママ必見の便利な時短アイテムをご紹介します。
梁にひもを垂らしていきむ! エルサルバドルの昔ながらの出産事情

梁にひもを垂らしていきむ! エルサルバドルの昔ながらの出産事情

エルサルバドルの農村地域では、自宅出産を行う家庭が珍しくありません。近年日本でも、自宅出産が注目を浴びることがありますが、エルサルバドルの場合には産科医が不在で不衛生な環境で行うこともあり危険視される状況です。また、その他にもびっくりしてしまうような慣習が残っていることも少なくありません。そんな農村部での慣習や文化について紹介します。
エルサルバドルで、現在も残る昔からの風習とは?

エルサルバドルで、現在も残る昔からの風習とは?

エルサルバドルで青年海外協力隊として活動していた私は、2014年9月末に任期を終え、帰国いたしました。2年ぶりの日本を懐かしく思うとともに、元の生活にすんなりともどれるのかと不安になる今日このごろです。さて、今回はエルサルバドルでの妊娠・出産・育児に関する風習をご紹介したいと思います。
夜ぐっすり眠るために。 夕方から夜にかけての生活ルール

夜ぐっすり眠るために。 夕方から夜にかけての生活ルール

「夜はリラックス体制に切り替える」 「寝室で眠くなるように条件づける」。要点はこの二つです。 朝の目覚めから15時間後(午前7時起床なら午後10時)から身体は眠りの準備に入ります。脳も休息モードになって頭の働きも鈍ります。夕方から夜にかけての生活の鍵はリラックスです。光や音の刺激を減らしましょう。また疲れていると悩みっぽくなるのでご用心。次の習慣はいくつできているかをチェックしてください。後ろに妊娠中に特に注意していただきたいこともまとめました。
お産のサポートは心理・育児面のみ! シンガポールの助産師

お産のサポートは心理・育児面のみ! シンガポールの助産師

シンガポールには日本のような美しい四季はありませんが、雨季に入ると、日差しは強いものの気温が下がって涼しくなり、一年で一番過ごしやすい時期になります。熱中症を気にせず、子どもたちが外遊びできる時間が増えますね。ここでは私の助産師活動についてお伝えします。
81 件

ママイズムは、快適な出産を迎えるためのアドバイスや出産後の育児の悩み、健康的で美しいママになるための秘訣など、ママが抱えているあらゆる疑問や不安を解消します。また、新たな家族を受け入れるための準備や心構え、出産に向けて頑張っているママを支えるための、パパ向けアドバイスもご紹介します。